サッカーで紡ぐ歴史

コンサドーレを中心に過去のワールドカップ、その他サッカーに関することを色々書きます

NHKサッカー実況者列伝!(第3回秋山浩志アナウンサー)

第3回目は秋山浩志アナウンサーです!

高校野球の実況では有名ですが、サッカーの実況ではあまり知られていないかもしれません。

 

 

f:id:consapporo:20180627225844j:plain

秋山浩志アナウンサーとは

 

秋山浩志(あきやまひろし)アナウンサーは1956年長崎県出身です。
1981年にNHKに入局し、スポーツ中継など担当していました。
サッカーの実況は1990年より少し前からかと思われます。
1990年のイタリア大会では当時試験放送だったBSハイビジョン放送の実況を務め、開幕戦や決勝戦など多くの試合を担当しました。

その後1994年のアメリカ大会、1998年のフランス大会でも試合を担当しました。
しかし、その後はサッカー実況から遠ざかっています。

 

私が秋山アナを好きになったきっかけは実はサッカーではなく高校野球です。
今このブログを読んでいても秋山アナウンサーの声がいまいち頭に浮かんでいない方が多いかと思います。
2006年の早稲田実業vs駒大苫小牧の実況をしていたアナウンサーと言えばもしかすると分かる方がいるかもしれません。


・延長15回互いに譲らず!

(2006全国高校野球選手権決勝 早稲田実業vs駒大苫小牧)


・センターへ!大きいぞ!大きいぞ!伸びていく!どうだあああ!入ったあああ!!ホームラーン!!これが王者の力だ!!4対3!差は1点!中澤のツーランホームラン!斎藤を叩いた追撃のホームラン!青森山田戦に続いて!またドラマを作るのか!?

(2006全国高校野球選手権決勝 早稲田実業vs駒大苫小牧)


・三しーん!!早稲田実業!初優勝!

(2006全国高校野球選手権決勝 早稲田実業vs駒大苫小牧)

 

北海道出身の私にとっては2005年夏の駒大苫小牧vs大阪桐蔭、2006年夏の駒大苫小牧vs青森山田、2007年夏の広陵vs駒大苫小牧も秋山アナが実況ですのでかなり印象に残っています。

1998年夏のサヨナラボークや松井秀喜の5打席連続敬遠も秋山アナウンサーが実況です(5打席敬遠の方は少し自信ないです・・)。
今でもプロ野球や大リーグの試合実況でときどき見かけます。ボウリングの実況などもしており、秋山アナであればどんなスポーツの実況もできると思います。
駒大苫小牧時代の田中将大の試合を担当していた秋山アナがヤンキースの田中将大の試合を実況しているのは感慨深いですね。

ちょっと野球の話ばかりになってきましたね笑。

 

秋山アナは声が特徴的だと思います。落ち着いているときと激しいときの声が結構違っていてサッカーの場合は特にそれが顕著に現れます。私はそのギャップが好きですし、激しいときの秋山アナが好きです笑。

 

それでは秋山アナのサッカー実況をご覧ください!

 

1990 イタリアワールドカップ

解説の奥寺さんと共に開幕戦から決勝戦まで多くの試合を担当しました。


・おろろ、おおっとー!入ったー!オマーンビークのヘディング!

(開幕戦カメルーンvsアルゼンチン)


・今ホイッスル!カメルーン勝ちました!アルゼンチン破れました!

(開幕戦カメルーンvsアルゼンチン)


・マテウス!マテウス速い!速いマテウス!マテウス!シュートオオーー!!決まったあ!!

(GS西ドイツvsユーゴスラビア)

 

・あう!ブルチャガ!ブルチャガ!ブルチャガ―!!決まった!

(GSアルゼンチンvsソ連)


・ミラ!ミラ!フリーだ!ミラ!はいった!

(決勝T1回戦カメルーンvsコロンビア)


・スシッチが蹴って、ああっーと!!もう一回!よく止めた!ヨジッチのヘディング合いません!惜しい!

(準々決勝アルゼンチンvsユーゴスラビア) 


・ストイコビッチ抜いて!ゴール前!さあスシッチ!アーー打てないスシッチ。

(準々決勝アルゼンチンvsユーゴスラビア) 


・トログリオ!バスアルド!ブルチャガ!さあ決まったか!?さあ抗議!ハンドです!ハンド!

(準々決勝アルゼンチンvsユーゴスラビア) 


・ユーゴは10番ご覧のストイコビッチ。・・外したああ!!外した!ストイコビッチ!

(準々決勝アルゼンチンvsユーゴスラビア) 


・3人目はマラドーナ。アーーー!!・・マラドーナ、駄目です。よく取った。イブコビッチ。

(準々決勝アルゼンチンvsユーゴスラビア)


・アルゼンチン勝ちました!ゴイコチアよく止めた!アルゼンチン準決勝進出!3対2!アルゼンチンPK戦の末、ユーゴスラビアを破りました!

(準々決勝アルゼンチンvsユーゴスラビア)


・ゴール前、ジャンニニ!もう1回!決まった!スキラッチ!スキラッチが押し込みました!前半の17分。ゴール前から最後はスキラッチが押し込みました。イタリア1点。

(準決勝アルゼンチンvsイタリア)


・もう1回マラドーナから回します。カニ―ヒアが入った!カニ―ヒア!決まった!決まった!カニ―ヒア!1対1同点!

(準決勝アルゼンチンvsイタリア)


・レッドカードが出た!レッドカードが出た!ジュスティ退場です。

(準決勝アルゼンチンvsイタリア) 


・今タイムアップ。1対1同点のまま延長30分も得点有りません。PK戦に入ります。

(準決勝アルゼンチンvsイタリア)


・外れた!4人目のドナドニ。

(準決勝アルゼンチンvsイタリア)

 

1994 アメリカワールドカップ

グループAとBの試合と決勝トーナメント1回戦の試合を担当しました。
アメリカvsコロンビア、ブラジルvsアメリカ(決勝T1回戦)、ルーマニアvsアルゼンチン(決勝T1回戦)などの注目カードを担当。アメリカやルーマニアの快進撃を伝えました。準々決勝以降の試合は担当しませんでしたが、NHKが制作したワールカップ総集編(ワールドカップサッカー’94アメリカの夏)のナレーションを務めるなど、主力として活躍しました。


・澄み切った青空と太陽の町、アメリカ西海岸ロサンゼルスにありますローズボウルです。ここローズボウルではこれからA組のコロンビアとルーマニアの試合が始まろうとしています。

(GSルーマニアvsコロンビア)


・ボールカットはハジ。さあチャンスになった!ラドチョウが前!ラドチョウにボールを通した!ラドチョウ!左足がある!抜けるか!シュートォ!!決まった!ルーマニア1点先行!

(GSルーマニアvsコロンビア)


・さあ左サイドから。狙っていった!?あ!決まった!決まりました!ハジが決めました!見事なハジのロングシュート!

(GSルーマニアvsコロンビア)


・さあコーナーだ。どうだ!決まった!決まりました!バレンシアが決めた!ようやくコーナーキック。何回も何回もそのコーナーキック。7回目のコーナーキックで決めました!

(GSルーマニアvsコロンビア)


・さあコーナー。ベベットが蹴ります。前にライーが上がっていく!後ろからどうだ!決まった!決まりました!ロマーリオが押し込んだ!

(GSブラジルvsロシア)

 

・さあ待っていた!シュート!エスコバル!おおっとシュート駄目!ディアビラ狙ったが駄目!ディアビラも駄目!

(GSアメリカvsコロンビア) 


・チャンスシュートー!あーっと!自らのミスでコロンビア1点を失いました。

(GSアメリカvsコロンビア)


・外からバルボア゛ア゛!!惜しい!ボルボアのオーバーヘッド!惜しい!

(GSアメリカvsコロンビア)


・今笛です!アメリカ勝ちました!コロンビア破れました!

(GSアメリカvsコロンビア)

 

・ロマーリオだ!ロマーリオ中央からっ!シュートー!!

(GSブラジルvsカメルーン)

 

・今終わりました!2対0!コロンビアがスイスを破りました!

(GSスイスvsコロンビア)


・エンベ!今度は!ミラだシュートォ!決まったー!ミラが決めましたロジェミラ!

(GSロシアvsカメルーン)


・シュートー!決まったー!5点目!またサレンコ5点目!!

(GSロシアvsカメルーン)

 

・ドゥミトレスク!抜いて!シュートオオ!ハジ決まったぁ!!ハジがシュートを決めました3点目!!

(決勝T1回戦ルーマニアvsアルゼンチン)


・今ここで笛!3対2!ルーマニア、アルゼンチンを破りました。

(決勝T1回戦ルーマニアvsアルゼンチン)


・さあロマーリオ!中に入ったロマーリオー!!ロマーリオーー!!よくクリアーしましたアメリカ!!

(決勝T1回戦ブラジルvsアメリカ)


・ロマーリオ。ロマーリオ!ベベト!シュートオオ!ベベトが決めました!ブラジル苦しんで1点!

(決勝T1回戦ブラジルvsアメリカ)

 

1998 フランスワールドカップ

3度目のW杯となったフランス大会では主にGSの10試合を担当しました。

ルーマニアvsコロンビア(2大会連続同一カードを担当)やイランvsアメリカなどの隠れた注目カードを担当していた印象があります。


・4年越しの借りを返す。そのために来たと言うバッジオ。4年越しのPKを決めました!

(GSイタリアvsチリ)

 

・狙って!決まったーー!!ハソクジェ決めました!1点先攻しました韓国!

(GSメキシコvs韓国)

 

・ハジが粘る!さあチャンス!イリエ!シュートオオ!!弾いたところ!モルドバン!決まったか!あっと!シュートオオ!駄目!!よく守りましたモンドラゴン!

(GSルーマニアvsコロンビア)


・さあこれはチャンスになった!さぁ行くか?シュートはどうか、入った!イリエ決めました!ロスタイムに入って、ルーマニア、先制の1点イリエ!

(GSルーマニアvsコロンビア)

 

・中へ、さあバスティッチシュートォォーー!決まったー!どうてーーん!!ロスタイム、47分になろうというところ!

(GSチリvsオーストリア)

 

・いい形だロハスー!シュートわぁ!!打てない!よく戻っていました!絶好のチャンスでした!!

(GSパラグアイvsスペイン)


・エチェベリア、さあ中へ!打てるかシュート打てるかシュートを打った!ラウル!!飛び込んで!ダメ!!!シュート決まらず!誰も詰めていなかった!

(GSパラグアイvsスペイン)


・さあスペイン最後のチャンスになるか!イエロー!!打てない!打てない!ピンチ逃れたパラグアイ!ここで試合が終わりいました。0対0。スペインパラグアイ引き分け。両チーム得点無し。スペインにとっては悲しい勝ち点1です。

(GSパラグアイvsスペイン)

 

・ハが蹴る。おおっと!!入った!決まった!決まりました!

(GSベルギーvs韓国)


・エスティリだ!決まったーー!頭でいきましたエスティリ!待っていました!

(GSイランvsアメリカ)


・シュート!!打てない!!さあシュート!スチュワート!!

(GSイランvsアメリカ)


・ダエイ。あー良い形になった!さあマハダビキアいく!フリーになって!シュートーー!決まったぁーー!2点目ーマハダビキア!

(GSイランvsアメリカ)

 

・スピードのあるハッダ!さあ勝負にす、シュートわぁ!どうだ!入ったああーー!時間をかけて、ゆっくりとボールが入っていきましたきちょーな2点目ハッダ!!

(GSモロッコvsスコットランド)

 

・おーっと!決まった!ベッカム決めました!2点目!ベッカムの、フリーキックからのシュート!

(GSイングランドvsコロンビア)

 

最後に

今回紹介した中から私の好きな実況をいくつか紹介します。

 

・さあこれはチャンスになった!さぁ行くか?シュートはどうか、入った!イリエ決めました!ロスタイムに入って、ルーマニア、先制の1点イリエ!

(1998GSルーマニアvsコロンビア)

これはサイドでハジのヒールパスをイリエが受け取ったシーンから始まる実況です。「さぁ行くか?」の部分ですが、秋山アナは「速いぞ?」など疑問形の実況をすることが多くあり、それが味を出しています。

「ロスタイムに入って、ルーマニア、先制の1点イリエ!」の部分は「、」の部分で息継ぎをする感じでとてもシブ格好いい実況です。聞ける方は是非聞いてみてください! ゴールも凄いシュートです。

 

・4年越しの借りを返す。そのために来たと言うバッジオ。4年越しのPKを決めました!

(1998GSイタリアvsチリ)

こちらはイタリアvsチリの後半にバッジオがPKを決めた直後の実況なのですが、とても素晴らしいと思いませんか?

秋山アナの喋り方が非常に落ち着いていてバッジオの心を感じ取ったような実況なのです。

残念ながらこの実況はBSハイビジョン放送ですので聞いたことのある方はあまりいないかと思います。しかし、当時NHKから発売された「メモリアル64ゲームズ」というDVDのこの試合のハイライトで聞くことが出来ます!

ちなみにこの試合の通常の実況は野地アナという名アナウンサーでしたが、このDVDではバッジオがPKを決めたシーンだけ秋山アナの実況が挿入されています。気付く人は「あれ?実況の声が変わった?」と思いますがDVD編集者もそれだけこの実況を視聴者に聞かせたかったのだと思います。

 

 

www.consapporo.com