サッカーで紡ぐ歴史

コンサドーレを中心に過去のワールドカップ、その他サッカーに関することを色々書きます

1994年W杯サウジアラビアの戦い2

今回は1994アメリカ大会におけるサウジアラビアの戦い第2弾です!

グループリーグ第3戦のベルギー戦と決勝トーナメント1回戦のスウェーデン戦についてです。

 

グループリーグの第1戦・第2戦についてはこちらの記事をご覧ください。

www.consapporo.com

 

 

 

サウジアラビアvsベルギー

 

1勝1敗で迎えた3戦目の相手はベルギー。

ベルギーはモロッコとオランダに勝利し、すでに決勝トーナメント進出を決めています。サウジアラビアは引き分け以上決勝トーナメント進出が決まります。

 

開始5分に突然ゴールが生まれます。

オワイランが自陣でボールを受けるとそのままドリブルを開始。

ベルギーDFを次々と抜き去り、60メートルを独走してそのままゴールを決めます!

 

マラドーナを彷彿とさせるこのゴールに観客が沸いた。

 

衝撃的なゴールでサウジアラビア先制!!

 

しかし、試合はベルギーが主導権を握ります。

何度も訪れる決定機をシュートミス、そしてサウジの堅い守備、デアイエのファインセーブによって得点を奪えません。

サウジはモハメドやオワイランも絡み、時折カウンターから決定的なチャンスをいくつか作ります。

 

今大会全試合に出場したアル・ビシ。この日も精力的にプレーした。

 

前半はそのまま終了。 

 

47分。後半から投入されたムワリドが緩急をつけたドリブルで4人を抜きます!

ベルギーは後半からさらにプレスを強めてきます。

相変わらずベルギーペースでサウジアラビアはデアイエがファインセーブを連発します。

 

そして暑さも影響し、中盤がどんどん間延びします。

65分過ぎからはベルギーがさらに前がかりになり、サウジのDFもさらに下がったため、中盤が空き、打ち合いまでいきませんが、サウジにとってもカウンターがしやすい状態になります・・

82分にはベルギーのクロスをサウジDFがヘディングでクリア。そのボールを受けたファラタが俊足を生かしそのままキーパーと一対一に!

しかし、シュートは浮かせすぎて外れる。

その直後にベルギーも決定機を作るも外してしまう。

84分にはサウジが怒涛の攻めからビシが決定的なシュートを放つもゴールできず!

 

限界を通り越した戦いになってきます。

 

ベルギーはクロスを放り込むなどして攻めまくるが決められない・・。

どんどん時間が迫る中、サウジアラビアは明らかな時間稼ぎもおこないます(笑)。

 

アメリカ大会でデアイエの能力の高さを知らしめた。

 

ベルギーは攻めが単調でとうとう最後までゴールできずに試合終了。

 

サウジアラビア1-0ベルギー

1994.6.29(ワシントン.D.C)

   5' オワイラン

 

この大波乱によりサウジアラビアがグループFの2位に浮上し、決勝トーナメント進出を決めます!

アジア勢としては実に28年ぶりの快挙でした! 

 

一方のベルギーはこのまさかの敗戦により3位に転落し、決勝トーナメント1回戦でドイツと戦う羽目になります・・。

 

 

サウジアラビアvsスウェーデン

 

対戦相手のスウェーデンはグループリーグでカメルーンとブラジルに引き分け、ロシアに勝利し、グループ2位で決勝トーナメント進出を決めています。

 

サウジは開始早々から積極的なプレスをかけ、スピードのあるファラタやジャバー(ジャベル)がゴールに迫る。

しかし、6分にK・アンデションのクロスにダーリンが合わせて先制される。

その後はお互いにプレーの精彩を欠き、フィニッシュまでいけない展開が続く。

 

33度という気温が前半から選手の体力を奪っていった。

 

23分。右サイドをファラタがスピードで突破し、DFも振り切りPA内に侵入する。

マイナスのクロスにビシがシュートを打つもわずかに外れる。

41分にはアミンのクロスがビシの前にこぼれ、フリーになるもトラップミスでシュート打てず・・

前半は互角の展開ながらスウェーデンの1点リードで終了する。

 

 

そして後半、またしても早い時間に失点してしまう。

5分にK・アンデションに決められる。

 

前半と比べるとお互いにシュートまでいける展開になる。

 

サウジは21分にゴール前でFKを獲得する。

ムワリドのシュートはゴール隅に飛ぶものの相手GKラベリのナイスセーブに阻まれる。

そしてそのCKからファラタがヘディングをするもDFが頭で辛うじてクリアし、ゴールならず。

 

サウジは中央突破を何度も試みるもDFに跳ね返され、苦し紛れのミドルシュートが目立つ。また、スウェーデンの選手がサイドでボールを持っても、サウジの選手は全くプレスに行かないため、フリーでクロスを上げられるようなシーンもあった。

 

そして39分。直前にも惜しいシュートを放っていた途中出場の7番アル・ゲシェイアンが飛び出しから素晴らしい切り返しでDFを置き去りにし、ゴール上へ突き刺す!

ようやく1点を返したサウジ。

 

しかし・・その直後に再びK・アンデションに決められる。 

 

サウジの戦いは終わった・・

 

サウジアラビア1-3スウェーデン

  1994.7.3(デトロイト)

   6' ダーリン

  51' K・アンデルソン   

        85' アルゲシェイアン

        88' K・アンデルソン

 

スウェーデンはこの後の準々決勝でルーマニアと対戦し、接戦を制してベスト4へ進出します。

準決勝でブラジルに敗れるものの3位決定戦でブルガリアを破り、3位となりました。

 

 

サウジアラビアの快進撃は、世界中のサッカーファンに衝撃を与え、アジアのレベルも上がってきていることを証明しました!

オランダに惜しくも敗れ、モロッコとベルギーに勝利した要因にはもちろん「運」や「環境」もあったと思います。しかし、間違えなくサウジアラビア代表には実力もあり、戦術も徹底されていました。

 

その後もアジアの強豪国として2006年まで4大会連続でワールドカップに出場しましたが、決勝トーナメントに進出したのはこの1994年のみであり、成績は低迷していきました。

2002年の日韓ワールドカップではドイツに8対0で敗れるという悲劇も味わいました。

 詳しくはこちらの記事で紹介しています。

www.consapporo.com

 

残念ながら、2010、2014はアジア予選で敗退しました。

しかし、現在のサウジは好調です!

2018年ロシアワールドカップでは久しぶりにサウジの姿を見たいですね!

 

おしまい。

  

 

www.consapporo.com