サッカーで紡ぐ歴史

コンサドーレを中心に過去のワールドカップ、その他サッカーに関することを色々書きます

趣味サッカー観戦

さて、私は札幌生まれの札幌育ちで北海道コンサドーレ札幌のファンです!

現在は仕事で札幌を離れていますが、今シーズンは山形戦(3-1〇)と最終節の金沢戦(1-1△)を観に行きました!

 

私がサッカーが好きになった理由は父親の影響が大きいと思います。

父親は高校生の頃に1982年スペインワールドカップの準決勝 西ドイツvsフランスでサッカーが好きになったらしく、1994年のアメリカワールドカップの決勝も最後まで見たために会社に遅刻したほどサッカーが好きでした。2000年ごろから地元のコンサドーレの応援もするようになっていました。

 

私が初めてサッカーの試合を観に行った試合は2000.7.29厚別でのコンサドーレ札幌vs浦和レッズでした。

父と妹と3人で行きましたが、当時の私はまだ小学校低学年で、友達と外でサッカーするのはとても好きでしたが、サッカー観戦という面ではまったく訳が分からなく、コンサドーレの選手も誰も知りませんでした(笑)。

なので、田渕や大森のゴールも全く記憶にありません(笑)。

 

本格的にサッカーを見るようになったのは2002年の日韓ワールドカップ頃からです。

当時は日韓ワールドカップに向けてサッカーファンはとても盛り上がっており、父もその一人でした。

ワールドカップの半年ほど前にNHKで「日本サッカー勝利への設計図」という2時間番組が放送され、その中で1978~1998ワールドカップを映像で振り返る場面がありました(確か20分ぐらい)。それを当時の私は100回以上見ました(笑)。

その結果、選手名やどの大会でどこの国が優勝したとかを覚えてしまいました。

また、当時NHKのミッドナイトチャンネルで過去の大会の試合が再放送され、1998年フランスワールドカップの準決勝ブラジルvsオランダの録画をしつこい位見ました。その影響で1998年のオランダがすごく好きになりました。

 

日韓ワールドカップでは日本の試合を含めてテレビで見ました。

そして、札幌ドームで行われたドイツvsサウジアラビア(8-0)を観に行きました!サウジアラビアを応援していただけに残念な結果となってしまいましたが・・・

 

2003年はコンサドーレのファンクラブにも入り、ホームの試合はほとんど観に行きました。コンサドーレの試合はその後も2008年ごろまでコンスタントに試合を観に行ってます。

 

2006年ドイツワールドカップは日韓の時以上にサッカーが好きになっていました。オーストラリア戦は勝てると思っていました。しかし・・・

悲劇でした。今でもあの試合を超える絶望はありません。

当時、オーストラリアは楽勝だという風潮が日本中にあったような気がします。当時中学生の私もそう考えてました。しかし今振り返ると当時のオーストラリア代表はプレミアリーグで活躍する選手が多く、日本代表よりいい選手が多かったように思います・・

 

その後も2010、2014ワールドカップは欠かさず見ています。

コンサドーレは2009以降、スタジアムまで観に行くことが減りましたが、最近少しずつ観に行ってます。

 

全て書いているときりがなくなってくるので最後のほうは端折ります!(笑)

というよりそのうちもっと掘り下げて書きます!

 

 

サッカーとの出会いはこんな感じです(笑)。

未だにサッカーの面白さや発見はたくさんあるので、このブログでいろいろ書いていこうと思います!

 

今後ともよろしくお願いします。